輝きが美しいゴールド

手

素材によって色味が変わる

結婚指輪のゴールドは人気のある素材です。硬さからくる輝きは美しいものになります。また加工しやすく変色したときでも、再メッキすることで輝きを再生できます。単位は金(kカラット)になり、純金100%は24金(k24)です。配合する金属の割合によって、主にk24、k18、k14、k10があります。結婚指輪は日常で身につけるため、強度を増したk18が特に人気です。銅や銀など配合する素材によって、色味が変わってきます。変色を気にする場合は銅の比率に気をつけましょう。銅の性質として皮脂や硫黄、汗によって変色するためです。銅が少なく金の割合が大きいほど変色は少なくなります。一般的に変色が少ないのもk18です。そして種類はホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドになります。ホワイトゴールドはシンプルな美しさで飽きがきません。どんな年代の服装にも合うため、年をとってから身につけていても違和感が少ないです。ピンクゴールドは上品な色で肌に馴染みやすく、女性らしい色です。アクセサリーとして使いやすいため、コーディネートしやすく人気があります。また金といえばほとんどの人が、イエローゴールドの色をイメージします。銅や銀を配合しており、指先を豪華に見せたい人に向いています。そして他の素材に比べて金属アレルギーは起こしにくいです。イエローゴールドやピンクゴールドはほとんど心配なく、ホワイトゴールドは少しアレルギーの可能性があります。金属アレルギーの心配がある人は、結婚指輪の購入前にショップの店員に確認しましょう。人気のゴールドにはこれらの特徴があるため、結婚指輪を購入するとき自分に合っているかよく考えて選びましょう。

Copyright© 2018 結婚指輪選びは慎重に行なおう【どのブランドの指輪を購入するのか】 All Rights Reserved.